素材について

遮熱断熱塗料 宇宙技術を暮らしに『スピンオフ』

ロケット打ち上げに耐える遮熱断熱塗料

スピンオフは、JAXAがH-Ⅱロケットの開発に際して、打ち上げ時の熱から機体を守るために開発した断熱塗料を活用しています。スピンオフに含まれる熱対応の特殊セラミックビーズが太陽の赤外線を反射し、さらに遠赤外線放射パウダーがその熱エネルギーを遠赤外線に熱変換することにより熱環境をコントロールできるハイブリッド塗料です。
遮熱はもちろん、消臭・結露防止・防音・空気質改善など15に及ぶ機能を発揮します。木愛の家では、新築の内壁や屋根、2階の天井等に塗布、また既築住宅の外壁・屋根などにスピンオフを使用しています。
しかも、セラミックなので長寿命!一般的な塗料の2~3倍長持ちします。

木愛の家が考える断熱

住宅の断熱には、流行の外断熱に始まりロック系、グラスウール系、発泡系、アルミ系、セルロース系、ウレタン系など様々な方法があります。
しかしどんな断熱材を使用しても、それは熱移動を遅くするためだけの機能であって「熱を断つ」ことは不可能です。現在の省エネ基準や建築基準法も、断熱材の厚みと熱伝導率によって省エネのランク分けをしているだけです。それが悪いわけではありませんが、断熱施行による様々な弊害が起きていることも事実です。住宅に携わる全員が、考えていく必要があります。

大切なことは家に熱を持たせないこと

夏、暑くない家にする(涼しくはないが暑くない) 冬、寒くない家にする(暖かくはないが寒くない) 昔から「家は夏涼しければ良し」という言葉がありましたが、今の住宅はどうでしょう?逆に「冬暖かければ良し」と主に冬の対策のみで、冷暖房の熱効率だけを考えているようです。 そのため、熱損失の大きい窓は小さくし、夏はエアコンの良く効くことが良い家とされる風潮にあります。 でも、本当にそれで良いのでしょうか。ランニングコストをかけずに、その両方ができれば何も言うことはありません。機械の力を借りた冷暖房の効率化のために「断熱材は厚い方が良い」という誤解が生じているのが現状なのです。

「快適」は温度計や数字では測れない

あなたは温度計を見て「暑い」「寒い」を判断していませんか。
確かに温度計の数字が上がれば暑いのかもしれません。でもよく考えてみてください。なぜ、日本人はハワイが好きなのでしょうか。日本の夏よりも暑いところなのに、なぜハワイを選ぶのでしょうか。 ハワイには実は1度しか行ったことがありませんが「とても住みやすいところ」という印象が残っています。「暑いのに暑くない」「日差しが強いのに心地よい」行かれたことがある方は体感していますよね。 あの心地良さはなぜでしょうか。それは温度計で測れるものではないですよね。 この事実こそが「本物の住まい」につながるのです。

『羽衣』の漆喰壁

100%自然素材の塗り壁

漆喰の主成分は水酸化カルシウム・炭酸カルシウムです。
もとは「石灰」と表記されていました。
空気環境を考えて厳選した自然素材をブレンドしたオリジナル漆喰壁が「羽衣」です。漆喰の主な成分である消石灰を一般的な漆喰壁より多く含み、調湿効果や消臭効果が高いです。漆喰の美しい仕上がりは心を落ち着かせてくれます。

羽衣の主成分

  • 機能性白土(約38%)

    モンモリロナイト(ケイ酸塩鉱物)の一種で、スメクタイトグループに属する。結晶系は単斜晶系。粘土鉱物の一つ)を主構成分とする粘土で、食品添加物としても認められています。

  • 消石灰(約30%)

    水酸化カルシウムの別称。空気中の二酸化炭素を吸って固まる昔ながらの漆喰の材料です。CO2削減にもなります。

  • 機能性ゼオライト(約10%)

    純度を高めた天然ゼオライト(天然に産する鉱物グループ。アルミノケイ酸塩のなかで結晶構造中に比較的大きな空隙を持つものの総称)です。化学肥料などで冷え切ってしまった土壌を蘇らせる法定土壌改良指定資材でもあります。

  • ホタテ貝殻粉(約10%)

    海から取れるホタテの貝殻を粉砕熱処理した粉です。貝殻にある多孔質な穴が調湿効果を高めてくれます。貝殻独特の光沢は塗り壁を清潔感あふれる仕上がりにします。

  • 軟玉翡翠(約7%)

    翡翠は深緑の美しい宝石で、硬玉と軟玉に分けられ、一般的には硬玉が宝石となります。昔から「魔法の石」や「奇跡の石」として珍重され、粉末は薬としても使われるなど体に良い鉱石として大切にされてきました。その軟玉翡翠(ネフライト)を粉末にしたものです。

  • 角閃石(約3%)

    遠野産の角閃石の粉です。この角閃石は波動値が世界最高値の天然石であり、遠赤外線もほぼ最高放射率が確認され、抗酸化作用に優れ、有害ガスも分解する天然の石です。

  • でんぷん糊・繊維分(約2%)

    つなぎの材料として植物繊維と食品糊であるでんぷん糊を使っています。

羽衣の機能

  • 吸湿・放湿機能

    吸・放湿機能があるといわれる塗り壁材と比較しても、それらをはるかに上回る機能があります。塗り厚1mmでも珪藻土壁2mm厚の壁に匹敵します。

  • 消臭・吸着機能

    ホルムアルデヒドやアンモニア臭を吸着します。さらに、油性系のトルエン・キシレン臭も低減します。

  • 防火機能

    万一の火災でも燃えません。また、有害な物質が全く出ません。

  • やすらぎ機能

    遠赤外線放出とマイナスイオン放出に定評のある翡翠(軟玉)と遠野角閃石のパウダー効果により、室内の雰囲気が最高な状態に保たれます。

  • 美的機能

    機能性塗り壁材では難しかったコテによる押さえ仕上げが可能です。
    もちろんパターン仕上げも自由自在で、キズ・汚れの手当も簡単です。

遠赤外線クッキングヒーターDGH

なぜ遠赤外線クッキングヒーターなのか

調理器具といえば、ガスコンロと電磁調理器(IHクッキングヒーター)の2種類が浮かぶ方がほとんどだと思います。現在、ほとんどの住宅メーカーではオール電化を希望される方にはIHクッキングヒーター、ガスの場合はガスコンロを提案します。もちろん、どちらの調理器具にも長所と短所があり、どのポイントを優先するかをユーザーの方が選択しているのが実情です。 しかし、この両調理器具の短所にスポットを当てると、ガスコンロでは火事の不安、ゴトクのお手入れが面倒な点となり、電磁調理器は火力の不足や鍋の買い替え、電磁波の不安等が挙げられます。 この両調理器具のデメリットを解消する調理器具が遠赤外線クッキングヒーターDGHです。

遠赤外線クッキングヒーターDGHの特徴

  • 1.遠赤外線で美味しく、栄養のある食事に!

    公的機関(長崎県窯業技術センター)によって78.8%の遠赤外線が放出された事が証明されています。
    遠赤外線の効果により、炭火やかまどで調理したような美味しい料理を楽しめます。
    またセラミックを熱することで、マイナスイオン発生効果やアルカリ性浄水作用が生まれ、理想的なアルカリ性を実現。本来、人間の体は弱アルカリ性を保っていますが、現代の食生活は、肉や魚、乳製品を多く食べていることから酸性に傾きすぎていると言われています。遠赤外線クッキングヒーターDGHは、遠赤外線の働きで、調理した食材が健康食材に、水道水を沸かすだけでアルカリイオン水になります。

  • 2.お手入れがラクラク

    ガラストップなので、さっと拭くだけできれいになります。上昇気流の発生が少ないため、油煙による壁や換気扇の汚れが少ないことやお料理中に暑くならないことも魅力です。

  • 3.電磁波の発生はWHO(世界保健機関)の安全基準以下

    電磁波対策先進国ドイツでは主流の「遠赤外線クッキングヒーター」をメーカーと共同開発した当社オリジナル仕様の調理器具です。DGHは、世界基準(安全基準)の4ミリガウスをクリアしています。
    電磁波の影響の受けやすい子供・妊婦・お腹の赤ちゃん・心臓ペースメーカーや補聴器をお使いの方でも安心してご使用いただけます。

  • 4.オール電化対応なのでランニングコストが割安に

    ガスコンロに比べ、発熱効率が高いので経済的。予熱調理もできるので、コストも掛からず素早く調理できます。

  • まだまだあります、クッキングヒーターDGHのメリット!
    • 揚げ物温度調節機能で、温度を段階的に調節できます。火力が強いのでチャーハンなども美味しく!
    • 底がフラットで耐熱性のあるものであれば、どんな材質の鍋でもご使用いただけます。
    • 国内での組立なので、アフターメンテナンスも万全!
    • 燃焼によるCO2、CO、NO2、水蒸気などが発生せず、お部屋の空気を汚しません。

お問い合わせ

お問い合わせは下記フォームよりお受けしております。
お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。

いますぐ電話で問い合わせ 0575481351

powerd by formy(フォーミー)