木愛の家こだわりのデザイン

木愛の家は、和をベースに洋を取り入れる『和モダン』です。

多くのハウスメーカーや工務店は洋のデザインに和を取り入れて、和モダンを名乗っています。しかしそれでは、せっかくの日本の家づくりの知恵が活かされません。

木愛では、昔ながらの日本の家造りの工法と現代のデザインが調和した家をご提案させていただきます。

伝統的な日本の家づくりの知恵の一部をご紹介

地震に強い日本の家

明治以前は「柔は剛を制す」の考え方で家づくりがされていました。しかし明治以降は“頑丈さ”を意識する西欧のセオリーが流入し「地震にねばり強い日本の家」という利点が打ち消されています。

法隆寺のような木組みで作られた日本の伝統的な建造物は、いまだに構造解析がきちんとできていません。阪神大震災直後から木造建築に携わる仲間と勉強会を開いて学んできたなかで、やはり明治以前の日本の伝統建造物は地震に強いということが分かってきました。

伝統的な日本家屋の工夫 ひさしの効能

ひさし(軒先)の長さが日本家屋の一つの特徴です。ひさしが長く出ることにより、夏の高い太陽からの直射日光を遮ることができ、一方で冬の低くて長い太陽の日射しはしっかりと取り込むことができます。

また梅雨や台風など、雨に見舞われる季節も、ひさしがあることで窓を開けることができ、サッシや外壁の損傷も防げます。

伝統的な日本家屋の工夫 土間の効能

日本家屋の特徴として大きな土間の存在があります。

玄関を広くすることで、近所の方などの訪問者が来た時に簡単な応接ができます。家の中でも外でもない曖昧な位置づけの土間の存在は、かつては一つの隣近所の社交の場でした。隣近所との交流を深めようと考えた住まいでは、広い土間を復活させるのも一つの有効な手段になるでしょう。

かつて日本では
住宅の数を必要とする気運が強く、
住宅を効率的に量産できるハウスメーカーが
中心となり
規格化した住宅を提供しながら、
日本の住宅供給を引っ張ってきました。

しかし今の時代は、
それぞれがどのような住まいを求めるか、
目的意識とこだわりを持って、
住まいを追求する時代になりました。

地域に根差した伝統的な
日本家屋の要素を取り入れた住まいも
選択肢の一つとして
検討してみてはいかがでしょうか。

日本家屋の伝統と最新の技術の双方を
うまく融合させて、住まいの可能性を広げます。

家+庭House plus Gardern

ふるき良き、日本の家
私たちは『家庭』を大切にする家をつくります。